人文知識・国際業務

「人文知識・国際業務」という在留資格は、法律学、経済学、社会学その他の人文科学の分野に属する知識を必要とする業務、又は外国の文化に基盤を有する思考もしくは感受性を必要とする業務に就く外国人のためです。
具体的には社会科学の知識を必要とする、通訳・翻訳、語学の指導貿易、営業等の事務系の専門職そして外国人特有の感性を必要とする服飾・室内装飾のデザイナー、広報、宣伝または海外取引業務、などがこれに該当します。
 
外国人が、人文科学の分野に属する知識を必要とする業務に従事する場合は、日本または外国の大学(短大含む)を卒業するか同等以上の教育を受けているか、10年以上の実務経験が必要となります。

また、外国の文化に基盤を有する思考または感性を必要とする業務に従事する場合は、従事しようとする業務に関連する業務について3年以上の実務経験を有することが必要です。ただし大学を卒業した者が翻訳、通訳または語学の指導に従事するときは、実務経験は必要ありません。
 
申請人の大学での専攻、または実務経験と就労を予定している企業での業務との適合性、そして従事しようとしている業務が人文科学の分野に属する知識を必要とする業務であることなどを、申請者が立証する必要があります。

 

よくある事例 
・ 企業で貿易業務に従事する人または通訳者を招聘したい

・語学学校で教師を招聘したい
「在留資格認定証明申請書交付申請」に必要な書類

入国管理局のホームページをご覧ください。

相談の申込みは、こちらから


あおば国際法務事務所

岡山県津山市河辺1150−8
086-254-5350
中国語直通電話070-6565-0188
E-mail : aobakokusai@yahoo.co.jp